2021.11.21

【GLITTER People】コンプレックスを打破! 女性でも活躍できるということを証明したかった

【GLITTER People】輝いている人に聞く 輝くためのエッセンシャル

若くして独立し、不動産投資のプロとして活躍する増井奈保さん。自分らしく輝ける場所にたどり着くまで、どのようにキャリアをステップアップさせてきたのでしょうか。 さらに、モデル2人とともに、不動産投資にまつわる基本のアレコレについてトーク。資産運用プランのひとつとして、参考にして。

 

“コンプレックスを打破するために

 女性でも活躍できるということを証明したかった”

 

PROFILE

Naho Masui

不動産投資に特化したサービスを提供する株式会社Regrace(リグレイス)代表。大学卒業後、証券会社勤務を経て不動産業界へ転職。31歳で独立。

 

まだ男性が多い不動産業界の中で、会社のリーダーとしてエネルギッシュに仕事をこなす増井さんの原動力とは?

「私には兄が2人いるのですが、幼いころからなんとなく、兄2人より末っ子の自分は劣っているのではないかというコンプレックスを抱いていました。そのせいか、ずっと男性には負けたくないという気持ちがあって。さらにその気持ちを強くしたのが、大学卒業後に新卒で入社した証券会社の環境でした。そこが圧倒的な男性社会だったこともあり、自分が本当におすすめしたい商品をお客様に提案することが難しかったんです。それで、このままでは自分の活躍の場が制限されてしまうと思い、思いきって退社を決断しました」

その後、大学時代に宅建の資格を取得していた増井さんは、次のステージとして不動産業界へと目を向けます。

「前職が証券会社だったこともあり、投資にはずっと興味がありました。株や投資信託についてはすでに扱った経験があったため、次は不動産投資にチャレンジしてみようと。それで投資用のマンションやアパートを専門に扱う不動産投資会社の営業職に転職したのですが、そこの営業部でも、なんと女性は私1人(笑)。でも、持ち前の負けん気を発揮して、営業トップの成績を達成することができました」

そうして不動産投資会社で経験と実績を積んだ増井さんは、仲間とともに現在の会社(株)Regraceを立ち上げることを決意します。

「どんな業界でも、臆することなく自分の才能を信じてチャンスを切り開いていけば、必ず自分らしく輝ける場所は見つけられます。不動産業界もまだ男性優位なイメージが強いかもしれませんが、衣食住の最も基盤となる部分だからこそ、実は、女性ならではのこまやかな気遣いやセンスが生きる世界だと思っています。また、こんなことを言うのはとてもおこがましいのですが、私が働いている姿を見せることで、女性のエンパワーメントに少しでも貢献できればうれしいですね」

 

essentials

1.  仕事をするうえで欠かせないツールとなっているのがカレンダーアプリ。会社では共有のカレンダーアプリを使用しているので社員全員の仕事の予定がひと目で確認できます。また、TO DO リストも入れることができるため、仕事の漏れがかなり少なくなりました。1週間のスケジュールも立てやすく、仕事が早く終わりそうな日はプライベートを充実させてオンとオフの切り替えを行うようにしています。

 

2.  プライベートではジムとヨガに週2~3回通うようにしています。会社を立ち上げてから、日々の健康管理の重要性をひしひしと感じたのがきっかけです。それぞれ使う筋肉や呼吸が違うので、毎回楽しんでいます。

 

3.  私にとってかけがえのない存在が、昨年保護団体から引き取った愛猫オレハ。帰宅すると走りながらニャアと鳴いて私を出迎えてくれます。その姿を見るだけで心の癒しに。将来は自分で戸建てを購入し、飼育放棄されたりハンデを負った犬や猫と暮らすのが夢です。

 

20代からでもできる!? 不動産投資基本のキ

“不動産投資への疑問をプロにASK!”

PROFILE
左:瀬戸ありす
法学部に通う現役大学生モデル。学業のほか投資にも興味があり、目下情報収集中。

右:AKARI
ショーや雑誌を中心にモデルとして活動中。初めての不動産と投資の話に興味津々。

 

Q .不動産投資ってどういう仕組みなんですか?(AKARI)

「マンションやアパートを購入して、その家賃収入を収益として得る投資のことです。金融機関から借り入れをして購入するので、家賃収入からローン返済と保有中に発生するランニングコストを差し引いた金額が収益としての手取りになります。数年前からサラリーマンの方にはもちろん、女性からの人気も高まり問い合わせが増えています。多くの方は老後のためとか副収入がほしいとか、資産形成のためですね」(増井さん)

 

Q.20代で不動産投資を始めるにあたっての条件はあるのでしょうか?(瀬戸ありす)

「年収はもちろん大事ですが、意外と勤続年数や、借り入れの有無やその金額が大事だったりします。不動産はエリアや築年数、規模などによって価格が変動するため、数百万円のものから数十億円のものまでさまざま。また、不動産投資は金融機関から借り入れを行いますが、購入しようとしている不動産や人によっても、金融機関から借り入れできる金額は異なります。まずは、それらを踏まえてローンの返済プランをシミュレーションし、自分がどういう不動産を購入できるかを理解することが大切です。それから購入可能な不動産の中から種類や価格帯を検討し、自分の年収に適したものを選べば無理なく始めることができます」(増井さん)

 

Q.とはいえ、投資であればリスクはつきもの。株や投資信託と比べると、不動産投資のリスクはどうなんでしょうか?(瀬戸ありす)

「どちらにもリスクがあり、どちらかのほうがリスクが“低い、高い”とは言えません。どちらに投資するかは、自分の投資に対するスタンス次第といったところでしょうか。短期的に利益を上げていきたいとか、100〜200万ぐらいの金額で投資をしたいという人は、株や投資信託を選んだほうがいいかもしれません。ただ、株や投資信託は、海外情勢や企業の業績など、自分の考えが及ばないところで価格が乱高下します。となると、自分できちんと株価を管理しておかなければいけませんよね。知らないうちに価格が半分になっていたということもあり得るので。

でも、そんな暇がない、面倒くさいという人の場合は不動産投資のほうが向いていると思います。というのも、管理会社が自分の代わりに物件を管理してくれるからです。例えば、入居者のトイレが詰まったなどのトラブルが起こったとしても、管理会社が窓口になってくれます。家賃の支払いも口座振替や引き落とし、クレジットなどいろいろな手段があるので、収益を取り逃すということもほとんどありません」(増井さん)

 

Q. 100%自分が動かなくてもいいということですね! ちなみに私、数字にもとっても弱いんですが……それもおまかせできたりするんでしょうか?(AKARI)

「不動産投資は、実は数字もそこまで気にしなくて大丈夫。もちろん、数字に強いに越したことはありませんが、物件を購入するときは不動産投資会社がシミュレーションを立ててくれますし、家賃収入は管理会社が計算してくれます。あと、不動産には必ず税金がからんできますが、それも税理士に相談すれば解決できます」(増井さん)

 

Q.今までいろんな本やブログを読んで投資のことを勉強していたんですけど、なんだかかえって頭でっかちになっていたかもしれません(笑)。でも今回お話を聞いて、不動産投資へのハードルが少し下がった気がします!(瀬戸ありす)

「もちろん、融資の仕組みを勉強したり金融機関の情報を集めたりすることはとても大切です。ただ、情報が最新のものではないこともあり、他人の体験談などはあくまで参考程度に留めておいたほうがいいことが多々あります。そのため、やはりプロに相談して自分にとって最適な投資のシミュレーションを出してもらったほうが想像しやすいかもしれませんね」(増井さん)

 

Q.私の年収だとこのぐらいの物件が買えて、利益はこれぐらい出せるんだと想像すると、投資へのモチベーションも上がりそうだしワクワクしますね!(AKARI)

「弊社には不動産投資が初めての方もたくさん問い合わせにいらっしゃいます。お客様のなかにはシミュレーションをみて、『え、金融機関からこんなに借入できると思わなかった!』と驚かれる方もも多いです。実際に不動産を購入して収入が入ってくると、『ちゃんと収入が入ってきています』と喜んでご連絡いただくこともありますよ。もしお2人も投資にチャレンジしてみたくなったら、いつでも気軽に訪ねてくださいね」(増井さん)

 

株式会社Regrace
東京都渋谷区恵比寿南1-14-5 アルブル恵比寿101
03-6451-2798
https://regrace.biz/
 
Photos Koichi Imabayashi /  Edit&Words Nao Hasegawa, Yuki Kimijima
Share
GLITTER | グリッターな人生を!(スタイルマガジン『グリッター』) > LIFESTYLE > 【GLITTER People】コンプレックスを打破! 女性でも活躍できるということを証明したかった

What's New 一覧