記事検索
2021.12.21

歌舞伎メイクの新境地へ。松本幸四郎と鷲巣裕香による『kesho』展が開催。

歌舞伎役者の松本幸四郎と、グローバルに活躍するメイクアップアーティスト鷲巣裕香とのコラボレーションにより、歌舞伎化粧に現代メイクを融合させたエキシビジョン『kesho』展が実現。BA-TSU ART GALLERYにて、2021年12月22日(水)〜12月26日(日)まで開催。

『kesho』とは、歴史を築いた歌舞伎メイクと時代の先端をゆく現代メイクを融合して新たなメイク表現にチャレンジするプロジェクト。今回の展示では、松本幸四郎自らがモデルとなり、「写真」というフィルターを通して、舞台上とは異なる、新たな感情が見え隠れする歌舞伎化粧を表現。艶、グロス、メタリック、グラデーションなど、古典化粧では使用されることのないメイクを多用し、役を想定しながらも、グラフィカルで抽象的な作品の数々を生み出した。

今回の展示について、松本幸四郎は以下のようにコメント。

「『Kesho』邪気から身を守るために目、鼻、口、耳へ紅を差したことが始まりの歌舞伎化粧。ショーという芸能から“音楽的演劇”に進化した歌舞伎。そして、信仰心から生まれた化粧は“絵画的美”へと進化しました。歌舞伎が誕生して417年。そのうち41年間僕は歌舞伎の歴史と一緒に過ごしています。歌舞伎には、長い年月を生き抜いてきた“鋭い嗅覚”があると感じます。阿国歌舞伎という女性だけで披露していたものが、男性だけに逆転したことで男性が女性役をする“女形”が誕生し演劇へと変化を生んだ。観客へ大声、大きな動きでアピールするのではなく、微動だにせず体を止め、隈取りをした顔で睨みを利かせる、“無音”“静止”という逆転の発想で観客を注目させた。いずれも時代の流れを確かに嗅ぎ取り、そして、“少し先”を走って皆を誘う。この“少し先”というのが絶妙に思うのです。歌舞伎であるために必要不可欠な化粧。別人になることができる“変身”であり、堂々たるフィクションであるファンタジーの象徴です。歌舞伎化粧の歴史が生んだ“型”に誇りを持ち、“少し先”を皆で刺激的に心から楽しんだ証拠の作品たち、417 年目から始まる最初の1ページです。」

歌舞伎化粧の新境地をより感覚的に堪能できるエキシビジョンで、楽しみながら伝統を学び、審美眼を養ってみては。

INFO
松本幸四郎『Kesho』展
開催日時:12月22日(水)―12月26日(日) 11:00 – 19:00
会場:BA-TSU ART GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前5丁目11-5
入場料:一般 500円 / 学生 無料 *小・中・高・大・専門学生を含む
https://ke-sho.com/
Share
GLITTER | グリッターな人生を!(スタイルマガジン『グリッター』) > CULTURE > ART&BOOK > 歌舞伎メイクの新境地へ。松本幸四郎と鷲巣裕香による『kesho』展が開催。

What's New 一覧

LATEST ISSUE

GLITTER Vol.4

エイジレス・ジェンダーレス・ボーダレスをコンセプトにライフスタイルマガジンとして新装刊。「グリッターな人生を!」目指し、人生を輝かせるためのモノコトヒトをクローズアップするメディアです。