記事検索
2022.07.25

超特急interview CDデビュー10周年を迎えた今だから伝えられること、伝えたいことーー新生・超特急への期待

今年6月10日にデビュー10周年を迎え、記念すべきデビュー日に『クレッシェンド』を配信リリースした超特急。新メンバー募集オーディション『超特急募』の結果発表に期待が高まる今、新曲の話はもちろん、新生・超特急への期待や変化への想いをお聞きしました。

特徴的なメロディーと“ありがとう”のメッセージの組み合わせが今までの超特急にはなかった曲。また新しい僕らをみせられれば(リョウガ)

――デビュー10周年おめでとうございます。そんな記念すべき日にリリースされた、『クレッシェンド』を初めて聴いた時の感想から教えてください。

カイ「今までの曲も全部好きなんですけど、『クレッシェンド』もすぐに好きになりました。今っぽい曲調ではありつつ、音色とかはレトロっぽくて。なんて表現したらいいかわからないんですけど……いろんな人に愛されそうな音の使い方をしていて、すごく素敵な曲だなと思いました」

リョウガ「カイの言うように、ちょっとしたクセが効いていて聴いていくうちにどんどんハマっていく曲だなと感じました。そういう特徴的なメロディーと、“ありがとう”というメッセージの組み合わせが今までの超特急にはなかった曲なので、また新しい僕らをみせられればいいですね」

ユーキ「音楽的にはマニアックというか、変化球が詰まっている印象です。AメロやBメロはスタイリッシュな感じなんですけど、間奏にかけてすごく壮大な音に変わったりして。落ち着きがある反面音はかっこよかったりするので、そういう変化も楽しんでほしいです」

タクヤ「僕はAメロを聴いた時に、ラッツ&スターさんの『め組のひと』に似てるなと思ってしまって(笑)。そうしたら、しばらくはそんなふうにしか聴こえなくなっちゃったんですけど……。『め組の人』は日本を代表する大ヒットソングなので、『クレッシェンド』もそれくらいヒットして!と思っています(笑)。ドゥーワップやファンクなど、さまざまなテイストを入れていて、音楽の良さや楽しさが詰まっている曲ですしね」

タカシ「聴いているだけで笑顔になれるような爽やかな雰囲気もあるし、何よりも歌詞がど直球。この曲でありがとうを伝えたいっていうことは、聴いてもらえればすぐにわかる曲です」

――結構ハイトーンな曲ですよね。歌ってみていかがですか。

タカシ「そうですね。こういうアップテンポでファルセットを使った僕たちの曲はなかなかないので、歌っていて楽しいです。いろんな方に聴いてもらえるような楽曲だと思います」

10年も活動しているグループに入るのは、それぞれにとって相当覚悟が必要なこと(タクヤ)

――『超特急募』についてもお聞きします。こういった試みは初めてですよね。この話が出た時はどう思いましたか?

タクヤ「実はメンバー発信で決まったことなんです。2019年の後半ぐらいから話し始めて、いろいろ進めていく中でコロナ期間になってしまい、実施がこのタイミングになりました」

――そうなんですね。実際に動き始めてみて、いかがですか?

タクヤ「審査に僕たちも参加してみて、僕たちの気持ちよりも8号車の気持ち、応募してくれる人や決まって入ってくる人の気持ちを考えないといけないと思っています。やっぱり、10年も活動しているグループに入るのは、それぞれにとって相当覚悟が必要なことだと思うので」

カイ「どれくらい応募が来るかもわからないなか、妥協せずに、全員が納得した上で新メンバーを入れようっていうのは、全員の共通認識としてあります。だから可能性としては、新しいメンバーが入るかもしれないし、入らないかもしれない。人数も1人だけでなく複数入るかもしれない。どうなるかわからないけど、『超特急募』を開催したことで、僕たち自身もより成長できればいいですよね」

リョウガ「僕は単純に、どんな人が受けるんだろうというワクワクがとても大きくて。新メンバーとの出会いがあったとしても、ちゃんと今までの10年以上の歴史を大事に持ち続けていたい。いい意味で変わらないままでい続けたいです」

ユーキ「10年続けてきた今だからこそできることかなと思います。積み重ねてきた信頼関係があるからこそ、この決断をすることができました。すごく貴重な時間になると思うし、そこで見えてくるものが絶対にあるので、この期間を大切にしたいです」

タカシ「自分たちで見極めて審査するっていうのもすごく繊細で大事な作業なので、気を引き締めないといけないなって思います。でも、根底にはそんな貴重な過程を楽しみたいっていう気持ちもありますね」

その時々で“こういう人間でありたい”と目指す方向が変わり、常に変化していたい(タカシ)

――発売中の『GLITTER vol.4』のテーマ『Transformers! NEW OLD/NEW ME!! 〜変化変容で新しい自分へ〜』にちなんだお話もお聞きします。皆さんは私生活で変化を好むタイプですか? それとも現状維持派ですか?

タクヤ「私生活だったら現状維持派かな。あんまり変化はしたくないけど……もちろん、ものによります。お仕事は維持しつつも変化も取り入れるのがベストな気がします。停滞したくはないので」

タカシ「僕は変化したい派です。部屋の模様替えをしたり、突然、断捨離してみたり。髪型を変えるっていうのも変化じゃないですか。僕はその時々で“こういう人間でありたい”って、目指す方向が変わるので、常に変化していたいんだと思います。あと、今年で26歳になるので、大人として何が必要なのかなって考えたりもします。そうやって何か考えて、新しいことを取り込んだり、情報を得たりするのも変化のひとつですよね」

ユーキ「僕も変化するのは大好きです。人と関わることで、それぞれのマインドやその方々の持っているものに触れるのが楽しいです。だから、出会いは常に大事にしていて、いろんな考えや生き方に刺激を受けていたいです。あと、どんな変化でも対応できる人間になりたいので、いろんな経験を積んで自分のレベルを上げたいとも思います。とは言え、根本的には好きなことをずっとしていたい性格なので、そこは現状維持がいいかな(笑)」

カイ「基本的には現状維持派なんですけど、僕もユーキと少し似ていて、友人や知り合いから受ける影響だったり、その人のおかげで広がる世界観は受け入れたいタイプ。そういう変化には柔軟ですが、基本は現状維持でルーティン化したい派ではありますね」

リョウガ「僕は完全に現状維持派ですね。例えば飲食店でも同じものばっかり頼んでしまって、あんまり冒険もしないんですよ。プライベートでは何をするにも常時腰が重いです(笑)」

ターニングポイントは高校卒業の時。自然と変わった部分も、自分から意識的に変えていった部分もある(カイ)

――みなさんの人生のターニングポイントはいつでしたか?

カイ「僕は高校卒業の時です。社会に出るっていうタイミングで、仕事への向き合い方が変わりました。自然と変わった部分も、自分から意識的に変えていった部分もあります」

タクヤ「僕も高校に入るタイミングでサッカーをやめて、芸能活動に専念したからということもありますし、事務所に入ったことがターニングポイントになりました。でも、『超特急募』を開催することも大きな出来事なので、今年もターニングポイントになるような気がします」

ユーキ「確かに、今年はターニングポイントになりそう。今までそういう節目のようなものやきっかけってたくさんあったので、これ!っていうのは難しいんですけど……僕も高校の頃かもしれないです。高校に通い始めてもっとダンスをやりたいって思えたし、芸能をもっと突き詰めたいと思った時期でもあるので」

タカシ「活動を通して環境の変化があったり、精神面でも変わったりっていう事が多々あるんですけど、自分の求めている理想が大きいのか、これだ!っていう大きなターニングポイントが僕にはまだない気がします。それこそ学校を卒業するタイミングとか上京とか、そういうのも全部ターニングポイントではあるんですけど、まだまだこれから大きな山が来る気がしますね」

リョウガ「僕は幼稚園や小学校低学年の頃に遊び尽くしたことがターニングポイントになって、今はその真逆の陰の道を走っているっていう(笑)。なんと言いますか、小さい頃の何気ない行動が、実は今に大きく影響しているのを感じています」

8号車からスタッフ、メンバー含めみんなでひとつの夢を一緒に追いかけられている事が輝き続ける秘訣(ユーキ)

――最後に『GLITTER』という媒体名にかけて、みなさんが輝き続けている秘訣をお伺いします。

タクヤ「何より応援してくれているファンの存在に限ります! 8号車がいてくれるから、輝けているんです」

タカシ「スターダストプロモーションに所属できていることが輝けている秘訣なんじゃないかな、スターダストだけに(笑)……あの、周りのスタッフの皆さんが支えてくださるから輝いていられるということです。タクヤも言っているように、8号車の存在は絶対です」

ユーキ「僕も8号車からスタッフ、メンバー含めみんなでひとつの夢を一緒に追いかけられているからだと思います。それに諦めないことも大切ですね」

リョウガ「青春していること。ユーキと少し似てしまうけど、今もなお、夢を追いかけて青春し続けているから輝いて見えるのかもしれません」

カイ「全部言われちゃって、最後は難しいな(笑)。何事も楽しむことじゃないでしょうか。妥協せずに心から向き合い、楽しんで仕事をしていることが輝き続けている秘訣なんじゃないかなって思います!」

 

■PRESENT■

超特急 直筆サイン入りチェキを3名様にプレゼントいたします!

【ご応募方法】

Instagramからご応募ください。

1.GLITTER公式アカウント:@glitter_magをフォロー

2.GLITTER公式アカウントの【超特急 interview】の投稿に「いいね」

以上で応募完了!

【ご応募締切】

2022年8月21日(日)23:59

※ご当選者にはDMでご連絡を致します。抽選時にフォローを外されている方は対象外となりますのでご了承ください。

 

■PROFILE■

超特急

唯一無二のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。2012年6月にシングル『TRAIN』でインディーズデビュー。2017年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル『超ネバギバDANCE』は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得。

 

INFORMATION■

デジタルシングル『クレッシェンド』配信中!

 

Photos Hirohisa Nakano / Hair&Make-up Tomoyuki Sugino、Sayaka Kusano@NICOLASHKA / Edit&Words Kaori Watabe

Share
GLITTER | グリッターな人生を!(スタイルマガジン『グリッター』) > CULTURE > MUSIC&MOVIE > 超特急interview CDデビュー10周年を迎えた今だから伝えられること、伝えたいことーー新生・超特急への期待

What's New 一覧

LATEST ISSUE

GLITTER Vol.5

エイジレス・ジェンダーレス・ボーダレスをコンセプトにライフスタイルマガジンとして新装刊。「グリッターな人生を!」目指し、人生を輝かせるためのモノコトヒトをクローズアップするメディアです。