2021.08.24

【my spiritual journey】VOL.1./VICOさん「スピリチュアルは、答えはすべて自分の内側にあることを教えてくれた」

今回から、スピリチュアルジャーニーをしているGLITTERな人をPick-upしていくWEB連載がスタート!

GLITTERでは、スピリチュアルを日常生活に取り入れることも、ウェルネスの一つだと考えています。スピリチュアル=霊的なものと捉えがちですが、シンプルに「魂が喜ぶこと」をすることが、人生を好転させたり、より自分らしく生きることができたり、自分にとってウェルネスな状態へと導くのではないでしょうか。

第一回目の今回は、バリ在住のVICO(びこ)さん。

VICOさんは、YouTubeなどのSNSを中心に、自身のスピリチュアルジャーニーを通して得たことや、感じたことをシェアしています。

YouTube「びこWorld」

なぜ彼女がスピリチュアルに目覚めたのか?彼女にとってスピリチュアルとは?など、さまざまなお話を伺ってきました。

 

見える世界のすべてがモノクロだった幼少期

―VICOさんがスピリチュアルに目覚めたきっかけは?

私は物心がついた頃から、ずっと“生きづらさ”のようなものを感じていて。とにかく「苦しい!」という感覚がずっとあって、見える世界も色彩のない、モノクロのように見えていたんです。幼少期から18歳くらいまで日本に住んでいて、ハーフということもあっていじめに遭ったこともあるけれど、その事実があったからというよりは、「自分の居場所がない」「誰も自分のことを理解してくれない」という感覚。

 

実は親につけてもらった名前も「びこ」じゃないんですけど、日本人の女の子って、「○○子」と最後に「子」がつく人って多いですよね。「私も日本人として認められたい!」という想いで、改名したんです。それでも心は晴れないまま、暗い気持ちを抱えていたので、かなりしんどかったです。数回、「死」というものを考えたことも。何か大きな理由があったわけじゃないけど、「私って生きててもなんの役にも立たない」という思いが強くて、「この世から早く逃げたい」という気持ちでした。一番本気で考えたのが20歳の頃。でも死ぬのはいつでもできるから、その前に「自分を幸せにしてあげる努力をしてみよう」と思ったんです。

 

―それでスピリチュアルに興味を?

すぐにスピリチュアルには辿り着きませんでした。その頃の私は目に見えない世界をあまり信じてなかったし、「科学的根拠」があるもの以外は信じられなかった。「アダムとイヴから人間ができるとか意味わかんない」みたいな(笑)。そこで心理学の本や、脳科学の本を読んだり、論文を読んだりしながら勉強したんです。過去世で学者を何回かやっていたこともあったようで、勉強するのが苦にならず、楽しくできる方なんです。いわゆるオタク気質ですね。

 

それである程度人の気持ちが読めるようにもなったけれど、それで幸せになれたかというとそうでもなかったりして。そこから哲学を勉強し始めたんです。ハッとさせられる言葉もたくさんあったし、興味深かったのですが、哲学って人によって言うこと違うんですよ(笑)。ソクラテスとアドラーが言っていること全然違うけど、「どっちが真実なの!?」とプチパニック。「真実が知りたい」と思い、新たに学び始めたのがスピリチュアリティだったんです。

 

―いろいろ試した上で辿り着いた先だったんですね。

はい。本も読んだし、ワークショップもたくさん参加しました。ただ知識を得るだけじゃなくて、自分でも実践しながら「ここ(スピリチュアリティ)の中のどこかに答えがありそうな気がする」と、直感的に思えたんです。結局、正解は外側にはなくて自分がどう感じていて、何を思っているかで映し出される世界は変わる。そういうことに気づき始めてから、ちょっとずつ幸せを感じられるようになって、その幸せに付随してくるように私のまわりの現実も自然といい方に向いていくようになりました。

 

―今ではYouTubeを始めとしたSNSでの発信、ワークショップ開催などスピリチュアリティを中心にお仕事されている感じでしょうか。

スピリチュアルに目覚めたのは学生の頃だったのですが、まわりの友達によく相談されるようになったんです。「相談するならVICO」というのが浸透してきて、よく電話もかかってきました。「こういう現実が起きているのは、自分の中のこういう部分に原因があって、ここから解消すればいいんじゃない?」みたいなアドバイスをしていたら、「すごく良い方向に変わった!ありがとう」と御礼を言われるようになって。自分の居場所が見つかった気がしてすごく嬉しかったですね。

 

それからまわりのすすめもあって、YouTube配信をし始めました。最初は登録者数がなかなか伸びなかったので、お悩みに対してアドバイスするメール相談を始めたり、手相も少し勉強していたので、いろんな人の手相鑑定も同時にしていました。そのうち口コミで知らない方々からも毎日たくさんの依頼をいただくようになっていって。最初は無料でやっていたのですがすべて対応している時間が足りなくなってしまったので、継続するためにもちゃんとお金をいただくシステムにしようと思ったんです。そこからスピリチュアルが仕事になっていきました。それが4〜5年前です。

 

―今でこそメディテーションなども流行り、スピリチュアル的な発想が普通になってきましたが、当時はまだまだですよね。スピリチュアルを発信していくことに抵抗はありませんでしたか?

最初は抵抗がありました。そもそも自分が公の場に出ること自体が恥ずかしかったです。だから始めはスピリチュアルというよりは恋愛相談とか、わりと万人に受け入れやすいテーマから発信していました。始めてすぐの頃は、自分がSNSで発信していることを家族にも友達にも言えなかったです。それから一方的なコミュニケーションだけではなく、ワークショップもやりたいなと思って、まずはオンラインで開催してみたらとても盛況だったので、当時ヨーロッパの大学に通っていたのですが、日本に行って東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で開催しました。ワークショップはやりたいことの一つだったので、「夢が叶った!」と新幹線の中で喜びを噛み締めていました。

 

―発信をする上で大切していることは?

SNSでもワークショップでも、自分の経験を通してよかったことや感じたことをシェアしています。本なども読んできたけれど、その情報をただ伝えるのではなく、自分の視点から見えてくることや気づいたこと、あとは自分の中から湧き出てきたことをそのままフィルターなしに伝えるようにしています。

 

ルールは作らない。毎日変容していく自分の身体と心を第一に考える

―どうやったらVICOさんみたいに自分で「感じ取れる」力を持てるのでしょうか…?

私も10代までは第六感のようなものは完全にシャットアウトしていたので、いわゆる霊感のようなものは閉じられていました。でもスピリチュアルを学び実践し、自分の内側で起こっている感情や気持ちを常に感じ取るようにして、心の動きに耳を済ませているうちに、徐々に着ていた鎧が脱げてきて。ピュアな自分が出てくると感覚が鋭くなってきたり、感じられるようになってくると思います。といっても私もまだまだ、道のりの途中なんですけどね。

 

―感覚を研ぎ澄ませるために、普段からしていることは?

私の場合、自分と繋がりやすくなるためにしていることは、自然の中に行くことかな。自然の中にいると、本来の自分の波動を思い出しやすくなるんです。それが私のメディテーションにもなっています。坐禅をして瞑想するのがあまり得意ではなくて。

 

「私にとって心地いい瞑想方法は、自然の中で散歩すること」

 

―そもそもなのですが、「本来の自分でいること」が、幸せに生きられることということでしょうか?

あくまで私の考えですが、本来の自分の在り方からズレてくると、人って苦しくなるものだと思っていて。だからそのブレを正して、最も自然な状態に戻ることが大切で。そこにトラウマとかブロックがあるとなかなかブレイクスルーできなかったりするのですが、セルフワークをしていくうちに、そのブロックは徐々に外れていきます。じゃあどうやってセルフワークするかというと、自分の中にある「傷」や「苦しみ」を「喜び」や「調和」を感じるのと同じように見つめることが一番の近道だと思っています。

ー過去のことが原因の場合覚えてないこともあると思うのですが、それはどうすればいいのでしょうか。

実際に起きた出来事を思い出さなくてもいいんです。何かのきっかけで出てきた感情としっかり向き合うこと。ついつい辛い感情に対して蓋をしたり無視をしたり、否定したり逃げたりしがちですが、「なぜこういう感情になっているのだろう?」と問いかけることから始めるといいです。何かが起きたからその感情が沸き起こったと考えがちですが、実はその逆なんですよね。その感情が自分の中にあるから、それに付随したリアリティが起こるんです。その感情を感じ切るだけでヒーリングされていくと思います。時には人の手を借りることも必要だと思いますが、個人的にはヒーラーのところに足繁く通う必要はないと思っています。

「時々ですが、思いついたことや出てきた感情などをノートに書き留めています」

 

―心も体もウェルネスな状態でいるために、何かルーティンでしていることはありますか?

ルーティンは作らない主義です(笑)。昔は朝起きたら白湯を飲んで、ヨガをして、スムージーボウルを作って…とルーティンを作っていた時もありました。最初はモチベーション高いから楽しいんだけど、日によっては「やりたくない」という時もありますよね。自分が心地よくなるためにやっているのに、しんどくなるのは本末転倒なので、何かルールを課すのはやめました。好きな時間に起きて、その時の自分がやりたいことを自分に聞いて、できるだけ早くそれを叶えてあげる。それが自分に寄り添った自然な生き方だと思っています。

 

―食事に関しても?

食事もしかりで、以前はヴィーガンやオーガニックに相当こだわっていたのですが、ある学説では「病気の98%はストレス」と聞いたことがあって。今では自分の体が欲しているものを、好きな時に美味しくいただくことを大切にしています。そうするようになってからの方が体も心も健康ですね。風邪もほとんどひかないです。

最近のお気に入りはモリンガの粉末や、新鮮なココナッツウォーター。「モリンガはプラスの効果があるというよりは、浄化してくれる感じがします。ココナッツウォーターはバリならではですが、とにかく波動が高い!」

 

―VICOさんは、今年の5月に出産もされていらっしゃいますが、お子さんが産まれて変わったことは?

まだ産まれてから2ヶ月半なので、これからもっともっと変わってくると思うのですが、自分が面倒見ているというよりは、子どもにいろんなことを教わっている感覚です。だから、子どものことも「ボス」と呼んでいます(笑)。「お会いできて光栄です」という気持ち。シングルマザーとして母親になってから子育ての大変さを実感したり、色々な試練がありますが、それだけでなく自分自身の成長や、新しい在り方っていうふうに変わっていくのに順応していくのがチャレンジングで、それを経験しているとすべてのお母さんって本当にすごいなって思うし、尊敬の気持ちが湧きます。

“ボス”こと息子のTAOくんと。ママになってから新たに始めたInstagramも。

@_vicomama_

 

 

―「ボス」っていいですね(笑)。では最後に、VICOさんにとってスピリチュアルとは?

前までは、「世界を救うため!」と思っていたんです。でも実際は、自分のためなんですよね。まずは自分が変わらないと世界は変わらない。だから、自分の会社名も「バタフライエフェクト」(※)なんです。

私にとってスピリチュアルは霊感があることでも、目に見えないスピリチュアルな世界について勉強することでもなく、ライフという自分の鏡から学びながら最も自然な自分に戻していくジャーニーだと思っていて。それは自分を知るということにつながるとともに、結果として世界をよくしていくことになると思っています。

なので、私のライフスタイルでは、「〜をするために何かをしよう」という努力をしているわけではなく、「こういうことをしている自分が自然だから」という感じです。いろんなことをお話しましたが、大切なのは心も体もリラックスすること。そしてどうすれば自分が心地いい状態になるかを、自分でジャーニーして探してみる。そんなことから一つずつ始めて、ウェルネスなライフを送ってみてください。

 

(※)…一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きるというように、小さな変化が時間の経過とともに大きな変化になることを意味する。

 

【VICO’S FAVORITE SPIRITUAL ITEM】

クリスタルボウル

天然の水晶を使って作られた楽器。瞑想やリラクゼーションに用いられることが多いクリスタルボウル。「心を落ち着かせたい時に奏でると癒されます」

 

アンダラクリスタル

アンダラクリスタルとは、火山性のガラス質の物質ガラスと酷似している特徴を持ち、エジプトのピラミッドや寺院、その他神聖な場所に置かれていることが多い。「クリスタルは、可愛い!とインスピレーションで感じたものを買います」。お気に入りのクリスタルは、シンガポールのサイトで購入したもの。@loiseckey9109「調子が悪いなと思ったらクリスタルを枕元に置くことも。浄化してくれる感じがします。石にはちゃんと意志があると思っています。クリスタルからいろんな情報を受け取れるんです」

 

お香

南国のトロピカルなチャンパカの香りがお気に入り。VICOさん自身でもオリジナルのお香を現在製作中。

 

Instagram

@vico_world

 

Editor’s NOTE

By Sonomi Takeo

インタビューの中で、「どのステップが欠けていても、今の自分はない」とおっしゃっていたのが印象的。

苦しかったり、しんどい、辛い時期があっても、それは「自分らしさ」を取り戻し、人生の使命や幸せを感じるために必要な過程だったのかもしれません。

VICOさんのYouTubeでは、クリスタルの使い方や波動の高い食べ物などの知識、

苦しみからの解放などのセルフヒーリング方法、スピリチュアルのQ&Aや恋愛、引き寄せなど、

誰もが刺さる、為になるコンテンツがたくさん!

ぜひそちらもCHECKしてみてください。

 

「スピリチュアル」というと難しく捉えられがちですが、その活かし方、価値観は人それぞれ。

よりウェルネスないい状態でいるためのツールや知識として、日常に取り入れてみては?

 

Photo by VICO  

Edit&Text by Sonomi Takeo

 

 

 

Share
GLITTER | グリッターな人生を!(スタイルマガジン『グリッター』) > WELLNESS > 【my spiritual journey】VOL.1./VICOさん「スピリチュアルは、答えはすべて自分の内側にあることを教えてくれた」

What's New 一覧

SERIES

    COMING SOON

LATEST ISSUE

GLITTER 2021年 No.1

2021年7月5日発売

エイジレス・ジェンダーレス・ボーダレスをコンセプトにライフスタイルマガジンとして新装刊。「グリッターな人生を!」目指し、人生を輝かせるためのモノコトヒトをクローズアップするメディアです。