2021.10.27

海外在住エディター八木橋の「時には起こるよ、ムーブメント!」Vol.2/道はなければ、作ればいい!

普段はLAに拠点を置き、ときにはウェルネス(要は幸せなライフスタイル)を追い求めて海外の都市へ行っちゃう、ノマドなエディター八木橋が、世界で起きるウェルネスにまつわるムーブメントを紹介する連載。今回は、ポジティブでクリエイティブなエネルギーにあふれたニューヨークから、決してリトルで(小さく)ない一歩についてお届け!

▶︎Vol.1 「グルテンフリーのブームが終わる!?」はこちら!

ないからできない、と嘆くぐらいなら、作ってしまえばいいじゃん!

“If we cannot find a way, we will make one.” -もしも道が見つけらないのなら、作るしかあるまい。

古代の戦術家、ハンニバルの言葉だ。彼は、現代に輪廻転生し、ニューヨーカーになったのではないだろうか? パンデミックが多くの人に影響を与えたことは間違いないし、人生がひっくり返った人もいるだろう。特に、ニューヨークには大打撃だった。が、天災や災難などは、たいがい予想もしていない方向から、とんでもないかたちで起こるものである。

そんなとき、どうするか。どう感じて、どう対処するか。そういうときこそ、メンタルウェルネスに大きな違いが出るものだ。いち早く、経済再開へ向けて一歩を踏み出したニューヨークシティを訪れて、あらためてそう思いました。キーワードになるのは、「リトル」。リトルをたどると、いまのエネルギッシュなニューヨークを知ることができるのです。

 

大都会だから緑がない?じゃあ、作ろう!- Little Island

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Little Island(@littleislandnyc)がシェアした投稿

マンハッタンの西側を流れるハドソン川沿い、ミートパッキングエリアに隣接する場所に、緑の小島を作ってしまった! 朝6時からオープンしているので、仕事前に朝活するもよし。コンクリートジャングルに疲れたら、立ち寄るもよし。美しい夕暮れどきに訪れて、明日への活力にするもよし。

 

パリが恋しい?じゃあ、花の都を作っちゃえ!- Little Paris

ソーホーの一画に、フレンチレストランやビジネスのオーナーたちが、作っちゃいました。小さなパリを。イニシアティブをとったのは、フランス語教室のオーナーだそう。ネットフリックスで放映される「エミリー・イン・パリ」の流行もあるし、パリが恋しくなったところでできた絶妙なタイミング!

 

地元デザイナーたちの発表の場がない?じゃあ、集まろう!- Little Market

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Little Market NYC(@littlemarketnyc)がシェアした投稿

トライベッカの少し北、ローワーマンハッタンにあるショップは、アクセサリーなどをデザインする2人の女性ビジネスオーナーたちが、志を同じくする仲間たちと始めたそう。観光客が来なくなってしまったエリアは閑散としているし、なくなく店をクローズしたブランドも少なくないが、1人では難しいことも、集まれば大きな力に! 

 

時間、お金、余裕。ないものを数えて不足に嘆くよりは、作りだしてしまうほうが、ストレスや言い訳の代わりに楽しさが増えて、幸せな人生がやってくるのではないかしら。

 


エディター八木橋

PROFILE

ニューヨークにある大学への留学を経て、帰国。出版社に入社後、インターナショナル誌の編集に携わる。2014年に、再度渡米。以降、NYやLAをベースにエディターやコーディネーターとして活動する。

Illustration Hikalu Jane

Share
GLITTER | グリッターな人生を!(スタイルマガジン『グリッター』) > WELLNESS > 海外在住エディター八木橋の「時には起こるよ、ムーブメント!」Vol.2/道はなければ、作ればいい!

What's New 一覧